動画|立花孝志の報ステ発言内容全文!放送事故で退席~裁判経緯

報ステ出演で発言内容全文が放送事故になった立花孝志

2022年6月16日放送の報道ステーションにて、
NKH党党首の立花孝志さんの出演が途中で打ち切られる放送事故がありました!

リモート出演の立花孝志さんが発言中に、
大越健介キャスターのストップがかかり、そのまま退席

この記事では、放送事故で炎上している動画や、
立花孝志さんの発言内容の全文書き起こしをご紹介します!

また、立花孝志さんに出演前に届いていたテレビ朝日からの文章全文
報ステプロデューサーとの電話音源もご紹介します!

動画|立花孝志の報ステ発言内容全文!

途中退席で放送事故だと話題の動画

2022年7月の参院選に関連して、
立花孝志さんが党首討論にリモート出演された時の動画です。

大越健介キャスターによって、立花孝志さんは退場となってしまいました。

全文書き起こし

立花孝志さんと大越健介キャスターの声が重なって不明な部分もあります。

後程修正記載します。

【立花孝志】:テレビを御覧の皆さん。テレビは核兵器に勝る武器です。テレビは国民を洗脳する装置です。テレビは国民が知るべき真実を隠しています。本日お昼すぎ、テレビ朝日のプロデューサーの方からお手紙を頂戴しました。このお手紙には、「テーマから逸脱する発言は、控えていただくようお願いいたします。万が一そのような発言があった場合は、しかるべく対応をさせていただく場合もあるとご承知おきください。」

【大越健介】:その通りですね。立花さん、今の発言は討論のテーマに沿った内容とはおっしゃる通り認められません。発言を止めてください。

【立花孝志】:でこれについて、電話(?)を差し上げたところ「スタジオから追い出されます」と言われましたので、追い出される前に自ら退席(?)しますのでYouTubeで私の発言をさせていただきます。

【大越健介】:いや、発言を止めていただきましょう。主旨に則った発言をしてください。

【立花孝志】:はい、政治家の発言をテレビ局の方が事前に??するなというような介入はやはり恐怖を感じます。

【大越健介】:今安全保障の話をしています。申し訳ありません。その発言は認められませんので、ここで打ち切らせていただきます

【立花孝志】:はい、ありがとうございました。

立花孝志はYouTubeで発言内容の真相を暴露

報道ステーション退席後の同日中に、立花孝志さんは発言通りにYouTubeをアップしました。

簡単にまとめると

  • 担当者の方は悪くない
  • 他の党首(玉木雄一郎党首)に聞くと文章は届いていない
  • 政治家に圧力をかけてくることが、震えるくらい怖いと感じた
  • 出演者の発言を事前に制限するのはやったらダメ
  • ガーシーの綾野剛暴露について
  • 原稿チェックをお願いしたが「できない」と言われた

文章は立花孝志さんだけに届いていたようですね。

 

立花孝志さんが話した綾野剛さんの暴露についてはこの内容です。

テレビ朝日からの事前文書内容全文まとめ

報ステ出演で発言内容全文が放送事故になった立花孝志

出典:YouTube

立花孝志さんは動画の中で、 テレ朝から来た文章を読み上げています。

以下に全文を書き起こしてまとめました。

本日放送の「報道ステーション」への出演について

本日放送の「報道ステーション」への出演をお受けいただきありがとうございます。今回の出演にあたり、改めて下記の点について確認をお願いいたします。

番組としましては、本日の討論のテーマにつきましては、事前にお伝えしたとおり、ウクライナ侵攻が波及する以下の2つの分野に絞って議論を深めたいと考えております。

①日本の安全を守る体制について

②物価高など日本国内の暮らしへの影響について

上記のテーマから逸脱する発言は控えていただくようお願いいたします。

万が一、そのような発言があった場合は、しかるべく対応させて頂く場合もあることをご承知おきください。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

2022年6月17日の夜には、
立花孝志さんはTwitterにて報ステからの文書を画像公開しています。

報ステ出演で発言内容全文が放送事故になった立花孝志への手紙

出典:Twitter

ワード文書のようですで、電子ファイルで届いたもののようですね。

テレ朝プロデューサーの電話内容も暴露

立花孝志さんは続けて、
報道ステーションのプロデューサーからの電話内容も暴露しました。

報ステのプロデューサーは言葉を選びながら、
丁寧に受け答えしている印象を受けます。

立花孝志は裁判を決意!テレ朝&大越健介を提訴!

2022年6月17日に立花孝志さんは裁判を決意されました。

動画の要点は以下の通りです。

  • 裁判は自分で決めたのではなく、2人の弁護士の助言のため
  • 弁護士いわく「非常に問題である」と
  • 訴えるのはテレビ朝日

立花孝志さん自身は今回の騒動については、特段何かするつもりはなかったそうですね。

ただ、同時に2人の弁護士からお話があったので決意したと。

この動画では、提訴はテレビ朝日だけなのですが、
その後のTwitterで大越健介キャスターも同時に訴えることが分かりました。

今後の動向に注目ですね!