首里城は火災でどこが燃えたの?出火元の場所や火災原因は?

火災があった首里城

2019年10月31日に沖縄県那覇市にある
世界遺産の首里城で火災が発生しました。

深刻な被害が出てしまったようですが、
首里城のどこが燃えたのでしょうか?

火災の出火元火事の原因についても調査してみました。

スポンサーリンク

首里城で火災が発生!

火災の通報があったのは、2019年10月31日の午前2時40分頃です。

かなり激しい火災だったようで、
最終的には30台の消防車で100人体制で消火活動を行いました。

周辺住民の方が一時避難するくらい激しい火事だったようです。

スポンサーリンク

首里城のどこが燃えたの?

首里城の火事で燃えてしまった場所は、

  • 正殿【全焼】
  • 北殿【全焼】
  • 南殿・番所【全焼】
  • 書院・鎖之間【全焼】
  • 黄金御殿【全焼】
  • 二階御殿【全焼】
  • 奉神門

首里城のどこが燃えたかの説明図

出典:首里城ホーページ

約4800平方メートルが焼失してしまったとのことですが、
図面からもかなりの範囲で燃えてしまったことが分かりますね。

通報を受けて現地に最初に駆けつけた消防隊員の方によると、
正殿の左側から炎が上がっていることが確認できたそうで、
その後、北殿、南殿に燃え広がっていったようです。

出火元と火災原因は?

出火元は正殿と見られています。

今のところ正殿のどの部分からどんな原因で出火したかは
明らかになっていません。

首里城の警備員が最初に火災に気づいたようですが、
熱センサーによる警報があったため確認すると、
正殿から煙が出ていたんだとか。

また、火災発生中に爆発音のような音も確認されたそうなので、
火災が大きくなる原因も何かあったのかもしれません。

一部では2019年10月27日から11月3日に行われる
首里城祭に関連する何かが原因ではないかと言われていますが、
詳しいことは分かっていません。

新たな情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク

首里城の再建費用はいくら?平成4年の復元時の例から推定してみた

2019.10.31