尾崎美紀のパクリ疑惑を画像で検証!薬機法・景表法にも抵触?

パクリ疑惑がある尾崎美紀

2代目バチェロレッテに決定した尾崎美紀さんが運営するブランド
「PHOEBE BEAUTY UP」の商品に、パクリ疑惑が出ているようです!

似ているとされているのは、
海外コスメブランドGlossierの商品。

一体どのくらい似ているのか気になりますよね。

そこでこの記事では「PHOEBE BEAUTY UP」の商品と「Glossier」の商品を徹底比較し、
パクリ疑惑は本当なのかについて深掘りしていきたいと思います!

また、薬機法景表法に抵触する広告があるという噂もご紹介していきます!

PHOEBE BEAUTY UPのGlossierパクリ疑惑を画像で検証!

パクリ疑惑がある尾崎美紀

出典:Instagram

尾崎美紀さんが運営するPHOEBE BEAUTY UPGlossierパクリ疑惑

具体的にフィービーのどの部分が酷似しているのでしょうか。

調べてみると、似ていると噂されている部分は以下の3つです。

  • まつ毛美容液などの商品そのもの
  • 商品を発送する際の梱包方法
  • ストアデザイン

商品だけでなく、梱包する包装紙や箱、
更にはお店のデザインに至るまで似ているとの噂が!

それぞれどの程度似ているのか、画像比較してみましょう。

まつ毛美容液など商品関連

まつ毛美容液

PHOEBE BEAUTY UP最大の看板商品であるまつ毛美容液はどうでしょうか。

パクリ疑惑がある尾崎美紀のブランド比較

ピンク色のクリアボトルが完全一致していますね。

これは序盤からかなり似ているのではないでしょうか!

 

毛穴美容液

続いては、マスク生活に欠かせない毛穴美容液

パクリ疑惑がある尾崎美紀のブランド比較

蓋の部分が丸みを帯びていて、こちらもとてもよく似ていますね。

隣にあったらどっちを使おうか悩んでしまいそうです笑

 

ギフトボックス

ギフトボックスもとってもよく似ているようです。

パクリ疑惑がある尾崎美紀のブランド比較

中身も似ていますが、ボックスの内側に書かれた黒文字の英語もまさに酷似!

箱の開き方も同じです。

 

ラメのパッケージ

商品のパッケージも似ているものを見つけました。

パクリ疑惑がある尾崎美紀のブランド比較

白地にキラキラ光るラメ加工が一致していますね。

 

フーディ

コスメから展開して作られたアパレルブランドのフーディまで!

パクリ疑惑がある尾崎美紀のブランド比較

薄ピンクに白文字のロゴがとてもよく似ています。

これはもはや確信犯なのでしょうか!?

 

比較してみると似ていることは一目瞭然と言えそうですね。

どちらのブランドも核となっているカラーがピンクであることと、
シンプルなロゴデザインが似ている大きな要因と言えるのではないでしょうか!

梱包方法

似ているのは商品だけではないようです。

梱包方法についても、パクリ疑惑が出ています。

パクリ疑惑がある尾崎美紀のブランド比較

ビニール素材のスケルトンのピンクの入れ物まで一緒。

梱包方法がこれだけ似ていると、
どっちのブランドの商品を買ったか一瞬わからなくなってしまいそうです!

ストアデザイン

ストアデザインも似ている!との情報もありました。

さっそく比較してみましょう。

まずはGlossierの店舗からみていきます。

パクリ疑惑がある尾崎美紀のストアデザイン

イメージカラーのピンクが一面張り巡らされていて、
テンションが上がる内装です!

パクリ疑惑がある尾崎美紀のストアデザイン

羽をあしらったポイントもあって、とにかくおしゃれですね。

続いてはPHOEBE BEAUTY UPのストアデザインです。

パクリ疑惑がある尾崎美紀のストアデザイン

まったく同じというわけではありませんが、
コンセプトが似ているような印象も…。

パクリ疑惑がある尾崎美紀のストアデザイン

どちらも乙女心をくすぐりまくるストアデザインであることは間違いありませんね。

このようにPHOEBE BEAUTY UPには、
尾崎美紀さんが敬愛するGlossierととてもよく似たものが溢れていました!

尾崎美紀のGlossierに対する思いやパクリ疑惑に対する反応は?

パクリ疑惑がある尾崎美紀

出典:Instagram

実は尾崎美紀さんはインスタで
Glossierをリスペクトしている」と発信しています。

また、GlossierのCEOであるEmily Weissさんが行った事業展開を参考にしたとの情報も。

Glossierに対する思いが強すぎるが故に、
自然と似てしまったということなのでしょうか。

尾崎美紀さん本人が「参考にしている」とし事業展開についてや、
Glossier関連のインスタ投稿をみながら考察してみましょう!

事業展開はGlossierを参考に

尾崎美紀さんはSNSを上手に使いインフルエンサーを巻き込むことで信頼度を上げ、
会社を大きくしていきました。

尾崎美紀さんは、SNSのマーケティングが本当に上手。著名なインフルエンサーを活用するというよりは、少しフォロワーが多いマイクロインフルエンサーやナノインフルエンサーなどに、しっかりとブランドやプロダクトの魅力を伝え商品を使ってもらい、地道に口コミを広げています。

引用:日本ネット経済新聞(2021年3月2日)

この事業展開こそが、Glossierからヒントを得たものだったんだとか。

Glossierを作ったEmily Weissさんも、
インフルエンサーをうまく味方につけるなどして会社を大きくしたそうです。

尾崎美紀さんはあくまでGlossierの「事業展開の仕方」を参考にしていたようですね。

しかし事業展開を真似するうち、
商品などの部分でも参考にしすぎた結果パクリ」と言われてしまったのかもしれません。

 

敏腕実業家の尾崎美紀さんですが、意外な経歴についての詳細はこの記事で。

とにかくGlossierをリスペクト

調べてみると尾崎美紀さんは、
Glossierをとにかくリスペクトしているようです。

憧れの女性はGlossierのEmilyと発言していますね!

 

パクリと噂の尾崎美紀のツイート

2019年には、GlossierのNYの店舗にも足を運んでいたようです。

お店の雰囲気商品の見せ方に感動し、勉強になると発言しています。

 

パクリと噂の尾崎美紀のツイート

ロスにあるGlossierの店舗にも、しっかり出向いていたようです。

このように尾崎美紀さんは、度々Glossierへのリスペクトを発信していました。

これらの思いがパクリ疑惑へと繋がっていった可能性も否定できません。

「パクリ」ツイートはブロック

尾崎美紀さんは「PHOEBEのストアデザインや美容液はGlossierの模倣では?」
とツイートした方をブロックしたとの情報もあります。

その実際のツイートがこちら!

パクリ疑惑がある尾崎美紀に関するツイート

また、この方はパクリに関してだけではなく、
販売方法についての際どい質問も尾崎美紀さんにしてみたそうです。

しかし尾崎美紀さんは何一つ質問に答えてくれなかった
ともツイートしています。

このことから尾崎美紀さんは、パクリと言われることに対して快く思ってはいないようです。
(パクリと言われて嬉しい人もいないと思いますが…笑)

パクリ疑惑の真偽はわかりませんが、
このような対応をした理由は何なのか少し気になってしまいますね。

パクリ以外にも法に抵触する広告も!?

パクリ疑惑がある尾崎美紀

出典:Instagram

PHOEBE BEAUTY UPには、
薬機法景表法についても問題があるとの噂も出ているようです。

際どいラインのようですが、下手すれば法に抵触する恐れもあるんだとか。

尾崎美紀さんの攻めの広告方法を参考に、
薬機法や景表法の観点から見ていきましょう!

薬機法

PHOEBE BEAUTY UPは、2021年2月8日に公式で以下のようなツイートをしていました。
(2022年6月時点では削除されています。)

パクリ疑惑がある尾崎美紀の会社の広告

出典:Twitter

このように化粧品の効能効果を使用前後で比較する広告方法は、
薬機法に触れる恐れがあるんだとか。

使用前・使用後の図面、写真等について
化粧品の効能効果に関する使用前後の比較については、保証表現となるので認められて
いない。

引用:メーキャップ化粧品の広告表現について(2013年4月8日)

これを公式サイトでやっている、
というのはなかなか攻めた広告方法です!

しかしこのツイートは、
尾崎美紀さんがバチェロレッテに出演すると発表されたタイミングで削除されたんだとか。

尾崎美紀さんご本人も、
法に触れる恐れがあるとわかっていながらアップしたということなんでしょうか。

景表法

PHOEBE BEAUTY UPは、まつ毛美容液の定期購入もおすすめしています。

しかしその広告が少し分かりづらい印象になるため、
景表法に触れる恐れがあるのでは?との声が挙がっているようです。

PHOEBE BEAUTY UPの定期購入広告はこんな感じです。

パクリ疑惑がある尾崎美紀の会社の広告

初回は1,980円(税抜)で購入が可能とかなりお得な感じがしますが、
2回目以降は通常価格の4,611円(税抜き)となるようです。

しかしもこの定期購入は、3回目を購入するまで解約できないという縛りも。
(どうしても解約したい場合は事務手数料3,000円を払えば可)

となると実際に払う金額は、トータルで11,202円(税抜)となるんです。

1本目お得!と思って安易に契約すると、
結構な額をまつげに費やすことになるかもしれないのです。

この「初回無料!」などの宣伝方法で高額な契約を取る企業が近年増えており、
消費者庁は罰則を強化しているんだとか。

PHOEBE BEAUTY UPが実際に法に触れるかどうかは微妙なところですが、
ギリギリを攻めていることは間違いないようです。

パクリ疑惑がある尾崎美紀

出典:Instagram

尾崎美紀さんが代表を務めるPHOEBE BEAUTY UPのパクリ疑惑
広告方法についてみていきました。

際どいところも多いですが、
尾崎美紀さんの今後の発展と活躍にも期待しましょう!

 

尾崎美紀さんの父親も会社を経営しているんです!しかもイケメン!