金沢港クレーン事故の経緯は?韓国船企業の修理費未払いに知事激怒

韓国船に被害を受けた石川県金沢港

2019年11月26日に行われた石川県の補正予算記者会見にて、
石川県の谷本知事怒りの会見を行いました。

2018年12月韓国船から被害を受けた金沢港のクレーンの修理費未だに未払いのため、
税金を投入せざるを得ない状況になったからです。

この記事では、今回の金沢港のクレーン事故の経緯について、
韓国船の企業の対応や今後の方針も含めてご紹介いたします。

スポンサーリンク

金沢港クレーン事故の経緯は?

韓国船が金沢港の施設へ損害

韓国船に被害を受けた石川県金沢港

出典:Twitter

事故が起こったのは2018年12月です。

韓国企業の貨物船が石川県金沢港に入港する際に強風にあおられ、
港にあるガントリークレーンに衝突しました。

ガントリークレーンというのは貨物船から荷物を上げ下ろしする専用クレーンで、
金沢港には2基設置されています。

1号機の定格荷重は30トン、2号機の定格荷重は45トンになります。

今回韓国船から被害を受けたのは1号機になります。

ガントリークレーンの損傷はかなり激しかったようで、
応急的な修繕もできなかった様子。

そこでクレーンの所有者の石川県は機能確保のため、
代替クレーンをレンタルして対応しているようです。

スポンサーリンク

韓国船の企業のクレーン事故に対する対応

韓国船に被害を受けた石川県金沢港

出典:Twitter

石川県によると金沢港のガントリークレーンの修理費用は
3億5千万円なんだそうです。

石川県側からするとぶつかってきたのは韓国船側で、
当然修理費用全額の保障を受けられるものと思っていました。

ですが、韓国船を所有する企業側の弁護士の回答は、

  • 保険の範囲でしか支払えない
  • 提示額は約1億円

というまさかの回答でした。

石川県知事大激怒!

韓国船に被害を受けた石川県

出典:Twitter

この賠償問題は進展すること無く平行線をたどり、
クレーン事故発生から約1年経過してしまいました。

代替クレーンをそのまま使用し続ける訳にもいかないので、
石川県は税金を投入して金沢港のクレーンの修理を決断することになります。

この対応には恐らく県民の方々は納得できないでしょうし、
何より石川県の谷本知事が韓国船側に激怒しています。

  • 日本の社会では泥棒が開き直るのはあり得ない
  • 損害を与えたのはあなた方(韓国船企業)だから、全額弁償が当然

知事が怒るのも当然と思われます。

石川県は韓国企業に対し損害賠償を求める予定

韓国船に被害を受けた石川県

出典:Twitter

今回の金沢港のクレーン事故の補償問題について、
韓国船の企業の回答としては、

弁護士からは「誠意ある対応をしている」と聞いている

とのこと。

これでは全く話が進まないですよね。

石川県側は韓国船の企業を相手に
損害賠償請求をする方針を明らかにしています。

現在、日本と韓国の関係はあまり良くありませんので、
韓国側には本当の誠意ある対応をしていただいて、
大きな国際問題にならないことを願っています。

スポンサーリンク